精密歯科治療

ルーペ

肉眼では確認が難しい治療箇所を細部まで確認するために、歯科用のマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)とルーペ(拡大鏡)などを使って診断・検査などを実施するのが精密歯科治療です。
歯科治療では、常にミリ単位の精密さが求められます。しかし、お口の中は暗く、とても狭いので肉眼で確認できる範囲には限りがあります。マイクロスコープやルーペを使用すると、見えづらい場所のむし歯や歯周病の状態などをはっきりと確認することができるため、歯科医師の経験や勘だけに頼らない、より精密な治療が可能になるのです。
当院では、こうした医療機器を根管治療のほか、歯周再生治療、歯周形成外科、審美治療などの治療や検査に使用し、より精度の高い治療を提供しています。

特徴

歯科治療には常に精密さ、安全性の高さが求められます。当院では治療のやり直しやむし歯の再発などを防ぐためには、医師がより細部に至るまで確認し、精度の高い治療を提供することが最低条件だと考えています。
マイクロスコープやルーペを使用し、より細部まで確認してから適切な治療を立案する。当院の精密歯科治療の特徴です。

精密歯科治療で使用する
医療機器

マイクロスコープ

マイクロスコープ

肉眼やルーペよりも大きく拡大することができる歯科用の顕微鏡です。肉眼の約20倍まで拡大可能で、必要に応じて拡大率を変えることができます。
マイクロスコープを使用すると、ごく小さな病変を見逃すことが少なくなるため、むし歯や歯周病の早期発見につながり、結果として低侵襲の治療を行うことができます。
特に細部まで確認できることで、歯の健康な箇所を余計に削る必要がなくなるというのは、大きなメリットと言えるでしょう。
また、ごくまれにつめ物を入れた際にはみ出してしまったセメント(レジン)が残っていて歯石のような状態になり、むし歯や歯周病を引き起こしてしまうことがあります。マイクロスコープを使って治療をしていれば、このような取り残しはありません。

ルーペ

ルーペ

ルーペは歯科医師が顔に装着して使うメガネのような形態をしています。当院では3倍、5倍、10倍に拡大できるものを使用しています。
マイクロスコープではミラー越しに患部を確認するのに対し、ルーペは医師が肉眼で直視することができます。また、医師が目元に装着して使用するため、見たい箇所をターゲットに細かく動かすことができる、お口のなか全体を見渡せるというメリットもあります。当院ではつめ物やかぶせ物の治療の際、使用することが多いです。

主な治療の種類

根管治療

根管(神経があった管)にまでむし歯菌が達している場合、神経を除去したあと、根管内を清掃・消毒したあとに薬を詰めて封鎖する治療が必要です。この治療を根管治療と言いますが、根管治療の精度によって二次むし歯になるかどうかが左右されます。当院ではマイクロスコープとルーペを使って精度の高い処置をして、むし歯の再発予防につなげています。

審美治療

セラミックのかぶせ物やつめ物を入れる際や、矯正治療の前に行う噛み合わせの確認などにマイクロスコープを使用します。

歯周再生治療・歯周形成外科

歯周病によって失われた歯槽骨(しそうこつ)や組織を再生させ、できるだけ健康な状態に戻していく治療では歯肉を切開して処置を行うため、精密医療機器の使用が欠かせません。